ミニバン 事故

気になるミニバンの事故率について紹介

 

安全に運転をしていても、追突事故にあってしまったり、
他人が原因で起こる事故もあります。

 

車によって、事故に遭いやすい車というのは存在します。

 

たとえば、軽自動車やコンパクトカーなどの、
サイズの小さい車です。

 

これらの車は、衝撃に弱いため、
どうしても事故での衝撃が大きくなると言われています。

 

また、巻き込まれやすいというデメリットもありまね。

 

 

 

では、ミニバンはどうでしょうか?

 

ミニバンは、軽自動車やコンパクトカーに比べるとサイズは大きいので、
事故率は低いと思われがちです。

 

しかし、ミニバンの欠点はボディが短いこと。

 

そのため、前面衝突は改善されましたが、
後部からの衝突にはかなり弱いと言われています。

 

 

後部の衝撃に弱いということは、当然他者から衝突された場合、
大きな被害に遭いやすいということになります。

 

 

 

とはいえ、ミニバンだから事故率が高くなるというわけではありません。

 

運転手の資質にもよりますから、運転が下手であれば、
どんなにしっかりした車に乗っていても、事故率は高くなってしまうでしょう。

 

車種によって、事故の衝撃は異なりますが、
それで事故率が高くなるというわけではありません。