ミニバン ワンボックス 違い

ミニバンとワンボックスの違いって一体どこ?

 

ミニバンもワンボックスも、一見すると同じ車のように思われがちです。

 

確かに、形・大きさが似ていますから、
パッと見ただけではどちらがミニバンでワンボックスなのか、
区別がつきにくいですよね。

 

でも、どちらもまったく異なる車ですから、当然違いはあります。

 

その違いとは、一体どんなところなのでしょうか?

 

 

 

まず、ミニバンと言えばサイズが若干小さいボディになっています。

 

ステップワゴンのように、大きいサイズのミニバンもありますが、
ワンボックスに比べると、ひと回り小さく設定されています。

 

軽自動車のように、極端に小さいわけではありませんが、
ミニバンとワンボックスを比較すると、
ミニバンのほうがサイズは少し小さくなるでしょう。

 

 

ワンボックスは、その名のとおりボックス(箱)になっているのが特徴です。

 

ですから、ボンネットやフロントガラスなどが、平になっています。

 

まさに、“箱型の車”
その点、ミニバンにはきちんと出っ張りがあります。

 

 

よく見ると、ボディにも違いがあることが分かります。

 

 

もちろん、エンジンにも違いがありますよ。

 

細かいところまでしっかり見てみると、
ミニバンとワンボックスの違いがよく分かるでしょう。